第809歩×0504 『ふなっしー』を紹介するなっしー

黄金週間なので。

時々、出かけている図書館があります。
そこには、各種硬軟雑誌が置いてあるのですが、ある雑誌に今話題の船
橋市非公認ゆるキャラ『ふなっしー』のことが紹介されていました。

画像
『ふなっしー』を使ったポスター(船橋駅で)
記事によると、
◎ 運営は、個人。
◎ きっかけ・・・東日本大震災で本業の縮小を余儀なくされ、空いた時間で
 ウェブデザインの学校に通った際、製作課題で「船橋を盛り上げよう」とい
 うテーマで生まれたのが、特産の梨をモチーフとして船橋に梨をかけた
 「ふなっしー」だったという。原画は、フリーハンドのマウス画とのこと。
 当初、有名ゆるキャラにツイートしても無視されるだけだったそうです。

◎ 初めての出演依頼・・・アカチャンホンポイトーヨーカ堂幕張店の1日店
 長でした(2012年6月)。
 ⇒ 日本ご当地キャラクター協会からの紹介だったといいます。
翌7月にこのキャラクターを売り込むために市役所の複数の部課を訪ねた
ものの、管轄外であるなどと、体よく断られたといいます。
8月、ゲリラで都内で行われた梨のイベントで無届で参加し、その際出席し
ていた船橋市長は苦笑いしていたといいます。

それからの活躍は、私より読者の皆さんの方が寧ろご存知だと思います。

◎ 得意技・・・喋りとジャンプ。機敏な動きに見る者は度肝を抜かれたとい
 います。

◎ 船橋市議会2013年第1回定例会 ふなっしーの活躍に船橋市議会で
 も取り上げられました(3月5日。朝倉市議が『ふなっしー』について一般
 質問され、それに対し、当局(企画財政部長)が真面目に答弁をしていま
 す(冒頭の5分)。
 http://220.110.150.171:8080/chukei/video_25y1r/video25y1r_top.html

【 感想 】
『ふなっしー』がブレイクする前、船橋駅構内で『ふなっしー』のポスターを
見たことがあります。
初めて見た時、あまりにもグダグダ感が漂っていたので、船橋在住の友人
に、『ふなっしー』って知っていますか?と尋ねたことがありました(ポスター
は防犯を目的にしたB5版で、『あやしい奴みたなっしー』『手荷物気をつけ
るなっしー』のキャッチと『ふなっしー』が描かれていました・写真上)。

日本人のキャラクター好きは今に始まったことではありませんが、個人が
考えた一キャラクターがこんなに化けるとは、ご本人自身も思わなかった
のではないでしょうか。

全国各地でゆるキャラが登場していますが、あまりウケを狙ったつくりにす
ると、かえってすべる、人々の記憶の脳裏すら残らないこともあることから、
製作しても、その街自体と特産物とそのキャラクター認知度を高めるのは
とても難しいと思います。

市議会というカタクルシイ場で、ゆる~い話を真面目にやり取りすることが、
滑稽ではあるのですが、船橋市民にとってみれば、議会が身近に感じられ
るいい機会になったのではないでしょうか。

それにしても、私が取り組んでいる地域交通としてのバスもそうですが、
ハードについては行政はそれなりに考えているものの、市民からのソフト
な情報発信については、拒む、考えていないといった柔軟性がないのは
何処の自治体も同じのようです。

商工課はあっても、マーケティング課のある自治体なんて滅多にないとい
うのも影響しているのでしょうか。

私の考えとしては、敢えて公認なんかもらわなくても、現状のままでいいの
ではないかと思っています。

行政公認が結果的にがんじがらめになってしまっては、『ふなっしー』の良
さが消えてしまうかもしれません。
また、確かに今はもの珍しいキャラクターとして認知されているのでしょう
が、いつかは飽きて忘れられていきます。悲しいことですが。現在活躍して
いるキャラクターたちを錆びさせない努力をすることは勿論大切ですが、
時代とともに変えるところを残しておいてもいいのではないでしょうか。

稼げるうちに稼ぐ。
地域貢献できる時に地域貢献をする。
市民の方が情報発信しているソフトをキャッチする大きなアンテナを行政
関係者にはぜひ持って捉えて欲しいものです。

『ふなっしー』をはじめ、全国各地でゆるキャラを使ったまちづくり、まちおこ
しを展開している皆さん、『ふなっしー』に負けることなく、どうぞ楽しく頑張っ
ていただくとともに、楽しませてください。

最後に。
今回記事を書くにあたり、参考にさせていただいた雑誌、サイトなどです。
◆ 雑誌『ガバナンス』2013年4月号 ご当地愛キャラVol.34
  ※ 雑誌『ガバナンス』は、ぎょうせい発行の雑誌で、主に行政関係者や
   議員などが読む雑誌です。野田市の公立図書館にはありませんが、
   資料室にならあると思います。
◆ 船橋市議会(動画) 
  ※ 一般質問した市議会議員の噛み噛みは許してあげてください。
◆ 『ふなっしー』公式サイト
   http://terawarosu.jimdo.com/
◆ 船橋非公認『ふなっしー』、思いを語る
   http://www.youtube.com/watch?v=vnd9Wz5ekOI

おまけ
今、私の中でイチオシのゆるキャラは、『フィンたん』ですね(笑)。

それから、船橋を盛り上げたのは、お金をかけずに誕生した『ふなっしー
ですが、お金を無茶苦茶かけて船橋どころか、日本を盛り下げたのは、他
ならぬ“野田佳彦氏”だということを申し上げておきます。

=関連記事=
第556歩 これもゆるキャラ?
船橋駅構内に貼られていた“ふなっしー”のポスターを紹介しました。

=2013年8月6日追記=
日本百貨店協会が6日、全国の店舗などで2月から行っていた「ご当地
キャラ総選挙」の決勝大会を都内で開催、関東地区代表の「ふなっしー」
(千葉県船橋市)が優勝した。2位は中部代表「オカザえもん」(愛知県岡
崎市)、3位は中国・四国代表「ことちゃん」(高松市)だった。

協会は今後、上位3キャラを巡回させ、各地の百貨店で集客イベントに
活用してもらうことになっている。

『ふなっしー』はやはり強かったということですね。

=関連記事=
2013年10月24日付毎日新聞記事より

千葉県船橋市の松戸徹市長は24日、非公認キャラクター「ふなっしー」
に感謝状を贈ることを明らかにした。

あれだけ、船橋の地名周知に貢献したのだから、何らかの表彰はあって
しかるべきでした。というか、今更という気もしておりますが(苦笑)。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック