第1097歩《1106》 吉田照美絵画展 船橋東武編

芸術の秋を堪能してきましたー。

さる11月13日(木)~19日(水)まで船橋東武百貨店5階美術画廊で開
催された吉田照美画伯の絵画展に行ってきました。

同氏の絵画展は、池袋東武で開催された時にも足を運びましたが、今回
は野田線こと、アーバン何ちゃらライン沿線で開催されたこともあり、週末
を利用して文化芸術に触れてきました。

画像
入口に掲げられた作品

学校の教室2つ分あるかないかの(船橋東武百貨店)展示スペースには、
この日大勢の鑑賞者で賑わいました(同店始まって以来との話も)。

勿論、絵画を見て回ったのですが、作者と師匠(名前を失念してしまいまし
た)とのトーク及び絵画販売が開催されるというので、それも併せて見てき
ました。

画像
画の師匠(左)と吉田照美画伯(右)によるトークショー
中央の絵画:ユーストリームで配信される番組の中で紹介される一作品
タイトル:公選法違反、いやよ、ダメダメ!

油絵とて、通常であれば写真撮影なんて言語道断のはずなのですが、問
題ない、寧ろ開催をツィッター等で広めていただきたいとのことで、写真撮
影しました。

ご子息がいらしていました。
背が高く、細身の好青年でした。音楽活動をされているとかで、親父さんと
の音楽セッションを見てみたいものです(音楽の方向性はどうでしょうか)。

さすがにB6手帳サイズの絵画でも、十数万円の販売価格では、宝くじでも
当てない限り、手が出ません(苦笑)。

画伯の作品を購入される方々のことをラジオのヘビーリスナーを中心に
“絵画購入被害者の会”(本人公認・笑)などと言える中での和気藹々とし
た絵画展でした。


おまけ
現在、同店ギャラリーでは、写実画家4人展という展覧会が開催されてい
るのですが(11月26日・水まで)、このうち、疋田正章氏は、企業公認のカ
レンダーに用いる絵画をはじめ、和歌山電鐵貴志川線貴志駅のスーパー
駅長猫、たまの肖像画を描いた方として知られているそうです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック