第1168歩*0510 移動旅行、新潟を堪能せよ!

日曜、ユースホステル(YH)を出た後の移動を披露してみます―。

前日夕方、YH内のドミトリールームで、日曜の旅程を友達と意見交換して
いました。週末パスを持っている私たちは、何処に立ち寄り、どう帰郷しよ
うかと、いろいろな場所やルートを比較検討していました。
考えていくうちに、関係する座席券が取れたら、それで帰ろうということと
なり、下記に紹介するルートで帰ることにしました。

ステップ1 木島平村シャトルバスで飯山駅まで移動(500円)
画像
木島平村観光交流センター
画像
飯山駅に到着
約20分のワゴン車(シャトルバスという名称ですが)による移動です。
飯山駅から高社山麓みゆきの杜YHに向かわれる場合は、千曲川口4番
乗り場に向かってください(この情報は、平成27年5月17日時点です)。

ステップ2 飯山駅みどりの窓口で自由席特急券と指定席券を購入する
指定席券は席が別れましたが、2人分確保できました。
ステップ3 新幹線はくたか号に乗車する
前日に引き続き、またもや北陸新幹線。但し、1区間のみ。JR-Wの車両
でした。
画像
はくたか号

ステップ4 上越妙高駅で下車し、在来線に乗り換える
画像
7分の接続で臨時快速ゆざわShu*Kuraに乗車する
昨年秋以来のShu*Kura乗車(前回は長岡~十日町間)となり、友達は
初乗車です。

ステップ5 越後湯沢駅 乗り換えなしで日本酒利き酒とジャズを楽しむ
ジャズ演奏と試飲イベントが交互に繰り返されます。
画像
北アルプスの山々 
乗り換え駅でつまみを購入し、風景を肴にして飲むのは、実に贅沢という
ものです。
画像
ジャズ演奏
画像
途中すれ違ったえちごトキメキ鉄道の車両
画像
青海川駅でしばし停車
この駅に来ると、ドラマ『高校教師』を思い出すのは私だけでしょうか?

画像
長岡お福酒造(http://www.ofuku-shuzo.jp/)による試飲イベントに参加
各種日本酒をいただきましたが、すっきりとした味わいが印象に残りまし
た。こちらの醸造所、醸造の街、長岡市内摂田屋町ではなく、ここからや
や離れた横枕町という場所で作られているお酒のようです。

ステップ6 越後湯沢駅でしばし撮り鉄、そして新幹線に乗車する
画像
越後湯沢駅にて
北越急行の電車側面にこんな絵が描かれていました(スノーラビッツ?)
画像
同駅で奇跡?のツーショット
画像
風っこループ車内の様子
臨時快速 湯沢Shu*Kuraと快速風っこループのツーショットです。
残念ながら、友達の都合で新幹線で移動することにしました。
トロッコ列車で清水トンネルの中を移動するなんて、実現していれば、今回
の旅にいっそう華を添えてくれたことでしょう。

画像
新潟を去るのは惜しいけど最後に乾杯!
新潟地域限定ビール『風味爽快ニシテ』をいただきながら帰郷し、旅を終
えたのでした(このビール、初めて飲んだのに美味しい!と友達は話して
いました)。
                                         
=おまけ=
今回の旅行で、北陸新幹線を利用した訳ですが、同新幹線開業に向けた
JR東日本の北陸新幹線CMソング(ウフフ1、2バージョン)。あれに新潟
出身の友達が怒っていまして、そのメロディを脳裏を掠めながら、新幹線
を利用した次第です(♪と~やま いしかわ ふくい ←新潟県内だって走っ
ているぞって!)。

大宮駅で北陸新幹線を見た瞬間、肩の部分から思わず、東京メトロ副都
心線10000系車両を連想してしまった私でした。
                                    以上でおわり。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック