第1167歩*0509 演者と宿泊者と高社山麓みゆきの杜YHにて

ミーと ケミカル リアクション!(造語 / 私とあなたが出会うことで起きる
化学反応―)。

難しいことを書いてしまいましたが、要は長野旅行した日の晩、投宿した
YHに到着した後の話です。

旅先、長野での宿を何処にするか、悩みました。

画像
高社山麓みゆきの杜YH外観

宿泊状況や旅程を考えるうちに、今回は高社山麓みゆきの杜YHに投宿す
ることを決めましたが、その理由として、鉄道好きの友達として、施設の雰
囲気から満足してもらえるだろうし、私自身、こちらに投宿したことがなかっ
たからでした。

ところが、そんな思いで予約し、実際に投宿したことが思っていた以上に楽
しかったですし、何よりも一緒にYHを利用した旅3回目の彼にとっては、か
つてない好反応を見せてくれました。

この日、YHでは、アクアマリン(http://aqumari.com/)というアーティストに
よるライブが開催されており、遅ればせながら、私たちも彼らが歌う歌をほ
んのちょっとだけ聴くことが出来たのですが、実は、彼らが手がけた音楽が
彼の職場にいる子どもたちにとっては、相当有名らしく(特に♪COSMOS
という曲は合唱曲になっているそう)、合唱コンクールにもなると、クラス同
士でこの曲を合唱したいと奪い合いになる位の名曲なのだそうです。勿論、
彼自身もこの曲自体は知っていました!(後日、家に帰ってからこの合唱
曲を聴きました) 

演奏会が終わり、立食形式の夕食(地元食材をふんだんに使用していて
とても美味しかった)を済ますと、彼は、率先して演者であるサチコさんや
ミマスさんらと♪COSMOS に関する話をしていました(後で友達に聞いた
のですが、私が投宿先である同YHを紹介したところ、YHの公式サイトを
見たらしく、その際、アクアマリンが来ることに驚き、楽しみにしていたそう
です)。

対する私はというと、近頃の日本のミュージックシーンに大変疎く、ましてや
合唱曲云々というと、中学時代の黒歴史を思い出したり、アンジェラ・アキ
さんの♪手紙~拝啓 十五の君へ~ を知っていた程度で、その他の今歌
われている合唱曲のことは全く知りませんでした(個人的にお気に入りにし
ているサーカスの♪風のメルヘン を合唱曲として歌うという話は見聞きして
いる程度でした)。

まさか、よく歌われる合唱曲の作者が目の前にいるとは思ってもみなかっ
たのでしょう。

夕食後のまったりタイム。
雲がかっていた夜空もいつの間にか星空が見えるようになったようで(たぶ
ん、天体の大好きなミマスさんが声をかけたのだと思います)、宿泊者揃っ
て夜空を眺めることに。

近くに強い光があった(光害の)せいで、3等星以下の星はあまり見えなかっ
たのですが、ここにはあの星座があるとかなんとか思いながら、中学時代
の知識を頼りに夜空を楽しんだのでした。

話を友人としていて、週明けになったら、職場の音楽担当者に合唱曲を手
がけた方と過ごしてきた話をしようと考えている、と思いを披露。

彼をここに連れてきてよかったと思ったひと時でした。
なお、当初の理由、それは彼が鉄道好きがである故にこんな楽しいコンテ
ンツがあったからということもありました。
画像

画像

画像
(3枚ともYH内にある大きな鉄道模型)
本格的な鉄道模型スペースがありまして、宿泊者には希望制で運転も
出来るそうです。
この手が込んだ鉄道模型を見て、ふとこんな施設のCMソングが。
東武 みゆき~ ワールドスクエア~(笑)

友達はこの模型をじっくり見ていました。
余程気に入ったのでしょう。
今度は子どもを連れて来たいと私に話してくれました。

夜の楽しいひと時はあっという間に過ぎ去り、朝を迎えました。

朝、朝食をいただいてから出発。
出発する前にオーナー、泊まりあわせた方々にご挨拶してからYHを後に
しました。
おかげ様で、いいYHでの一晩を過ごすことができました。

天気もよく、前日とは違って下り坂です。
なお、下の写真は、今回投宿したYHの写真集です。
画像

画像

画像

画像

画像

旅はまだまだつづきます・・・。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック