第1514&0501 移動実証実験に伴う運賃補助/参加者募集

吉川駅までの運賃は小生が負担します―。

今月18日(土)、私用で小平市に行く予定(※1)なのですが、その際の移動ルートとして、野田市内自宅・まめバス~徒歩~吉川市内の路線バス~吉川駅(武蔵野線)経由で小平市内と考えています。

※1  バスとタクシーのひろば イン小平2019
   https://www.city.kodaira.tokyo.jp/event/074/074979.html

公共交通(地域の足)・乗り物に興味・関心がある方向けで、小平『市』が中心になっている催事です(荒天中止)。


今年4月1日、野田市まめバスが改変され、これまでいくつかの√で土日祝は運行されていなかったのですが、これがダイヤ改正とともに運行されるようになりました。

そこで、志のある方(移動の興味のある方)を募って移動実証実験を開催したいと思いますので、詳細につきましては下記の文章をお読みになり、内容を理解したうえで、記事下にありますメッセージより参加申し込みを受け付けたいと思います。

実証実験について(詳細)。

目的
普段はクルマでしか往来出来ない野田市内⇒武蔵野線(吉川)駅間が公共交通だけで移動できることを認識いただき、将来、梅郷駅~みずき~玉葉橋~吉川駅間に路線バスを引くための下地を作る。

平成の30年間、劇的な輸送改善が見られなかった東武野田線の利用を敢えて避け、併せて東京直結鉄道よりも早くバス路線を開通させることで、野田の地理的後進性の改善を図る。

前市長の発言を実際に試す行為。吉川から都心(前市長発言では池袋だった)へは武蔵野(+埼京)線を利用した方が利便性があることを利用者の方々に認識していただくこと。

JR武蔵野線利用のメリット
利便性があること。
各駅しかないものの、ターミナル駅の直通電車や全線通して複線であること。
他線との乗り換えの選択肢があること。
買物やレジャー等に便利であること。

代表的な経由駅・目的地駅(京葉線含む)
東京・舞浜・海浜幕張・船橋法典・新松戸・南流山・新三郷・越谷レイクタウン・南越谷・東川口・南浦和・武蔵浦和・北朝霞・秋津・西国分寺・府中本町。

移動(実証実験)概要
野田市まめバス系統12新南√土日祝第1便大利根温泉8:55発の便に乗車し、途中、野田市駅(9:20発)、市役所、愛宕駅、けやきのホールなどを経由し、今上下組自治会館前で下車(9:48通過予定)。

そこから徒歩で玉葉橋に至る坂道を上がって玉葉橋を渡り、埼玉県側土手を下ってタローズバス玉葉橋下10:04発のバスに乗車し、吉川駅へ(今上下組自治会館前からタローズバス玉葉橋間の徒歩による所要時間(目安)はおよそ15分、タローズ玉葉橋下バス停から吉川駅まで、バスでおよそ15分です)。

実証実験開催日
2019(令和元)年5月18日(土)

小生が負担する運賃
★野田市まめバス利用の運賃(1人@100円)
★タローズバス玉葉橋下⇒吉川駅北口間の運賃(1人@250円)

※ 吉川駅より先、本人が行きたい目的地までは、応募した本人が負担します。

応募者人数と応募するための条件・概要・注意事項
5人(応募者多数の場合は先着順とさせていただきます)。

1.坂道、悪道(歩道なし)、県道川藤野田線の横断(横断歩道はありません)があり、当日のまめバスの運行状況(遅延)によっては急ぐ(小走りをお願いします!)ため、健康及び足に自信がある方に限らせていただきます。また、併せて雨天や雑草接触により、汚れても構わない服装でのご参加、お願いします。

2.大人(中学生以上)であること(ご家族連れはご遠慮ください)。

3.他人様とのコミュニケーションを取れる能力があること。

4.まめバスの遅延に伴う移動実証実験が失敗した場合(タローズバスに乗車できなかった場合、バス停より10分程度さらに歩いて他社線バス(グローバル交通 東中学校前バス停10:30発に乗車しても差し支えない方   ※2))。

5.今回の実証実験に際し、バス車内及び後日、感想などをお伺いしますので、申し込みの際にお名前・電話番号・メールアドレスを伺っても差し支えない方(頂いた個人情報は今回の実証実験の為のみ使用し、他には使用いたしません)。

6.当日飛び込みの参加は人数確定を事前にしておきたいので、不可とさせていただきます(事前申し込みのみ)。

7.まめバスの乗り遅れは一切対応しません(私も一乗客ですので対応できません)。
なお、キャンセルについては、特に連絡なさらなくても結構です。

8.応募締切は、16日(木)午後11時59分までとさせていただきます(どなた様も参加されないことがわかった場合、実証実験の開催可否及び実験後記は記述致しません)。


9.18日(土)が荒天になることが予想された場合、今回の実証実験は中止となります。ご了承ください。


※2 タローズバスが利用できなかった場合、代替交通機関であるグローバル交通東中学校前⇒吉川駅北口間の運賃も小生が負担いたします(1人@230円)。
なお、移動にかかわる所要時間はおよそ20分です。

吉川市内のバス路線図(位置)につきましては、下記pdfファイルを開いてご確認ください。
 https://www.city.yoshikawa.saitama.jp/index.cfm/23,874,c,html/874/H30.7.9rosen-zenzu1.pdf


お申し込み方法
記事下にあるメッセージからご応募ください。

その際、
イ) お名前(ハンドルネーム不可)
ロ) 電話番号
ハ) メールアドレス
二) あなたが18日(土)に乗車する最初のまめバスのバス停名
ホ) 今回の実証実験に応募した理由

を必ずお伝えください(1点でも不明があると受付対応できません)。


返信の際は、応募者であることを確認するため、折り返しこちらから連絡させていただく場合があります。
前日、実証実験を開催するかどうか、小生がこの記事の一番下で明らかにしますので、お手数ですが、再度ご確認ください。


以上、宜しくお願いします。

=2019(令和元)年5月17日(金) 21:00 追記=
5月19日(土)予定の移動実証実験ですが、残念ながらどなたからも申し込みがありませんでしたので、実証実験は中止し、たとえどなたかが乗り合わせても、運賃補助は一切行いませんので、ご理解の程、宜しくお願いします。
閲覧等、各種ご協力ありがとうございました。

=おまけ=
【 復路 吉川駅⇒野田市方面に関する耳よりな話 】
土日祝に限ってですが。
吉川駅北口16:50に出発するピンク色のタローズバス(旭公園球場南行き)に乗車し、玉葉橋下バス停で下車し(通過時間は17:02)、これまた歩いて玉葉橋を渡り、野田市まめバス系統12新南√今上下組自治会館前まで歩いて移動し、同バス停17:23発梅郷駅・老人福祉センター方向に乗車。梅郷駅にて茨急の路線バス、及びまめバス系統8南√中根、(同バス停17:34発 市役所方面)或いは系統11南√循環(同バス停発18:01発 市役所老人福祉センター方面)が利用可能です。

このルート・便をご利用なされる場合、ご自身でも各バス停の発車時刻のご確認をお願いします。

(完)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック