第1516歩&0503 野田市まめバス改編後のこと

この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません・・・。

4月1日に改編が行われた野田市まめバス。これまでの6ルートから12ルートに拡大し、場所によっては、土日祝日運行や本数も増え、きめ細やかなルートで移動がしやすくなりました。

ところが・・・。
私個人としては、これまでの利用頻度を1とするならば、現在の利用頻度は半分程度に留まり、利用頻度が大きく落ちんでしまいました。

生活スタイルに対し、改編後の運行時刻が合わせにくくなったことが最大の理由なのですが、特に夜間の運行に関し、これまで以上に(まめバスの運行が)より貧弱になってしまい、利用頻度を大きく下げしてしまったというのがその理由です。

以前、福島大学の(地域交通専門の)先生に伺った五霞町のごかりん号みたいに、運行ダイヤに関して、住民とバス事業者と先生(有識者)の間で話し合いが出来たら・・・と思いましたが、なんせここは野田市ですから、それはかなり難しいなぁって再認識してしまいました。

とはいうものの。
改善の取り組みを促す連絡はするつもりです。

拙ブログ、第1503歩では、2月に開催された野田市コミュニティバス検討専門会議のレポートをかいつまんでお伝えしたところですが、普段は内容からそれ程伸び(閲覧数)がないこの手の記事、どういう訳かこの記事を作成している時点で(珍しく)三桁を超えていました。


この改編に対する利用した市民からの意見は、肯定派が多いのか、それとも否定や改善要望が多いのか、はたまたサイレントシチズンを決め込むのか、5月下旬から6月にかけて開催される予定の会議の場になってみないと全くわかりませんが、市長が変わってせっかく改編したのですから、まずは積極的に利用をお願いしたいところです。

でも、パンに薄く広くマーガリンを塗るがごとく、これまで利用したことのない、或いは利用頻度が殆どなかったであろう市民がまめバスを利用してくれていそうという場面を何度も見ていますので、滑り出しはまずまずでしょうが、やはりといいますか、運転手に行先を訪ねる場面は相変わらず見かけます。

系統番号とルートを一緒に案内しないといつまでたってもこうしたやり取りが続くのではないかと思います。

画像
(暮らしの足を考える全国会議参加の際に配布された資料から)
よくあるコミュニティバスの風景。
野田市まめバスもご多分に漏れず・・・。


せっかく改編しましたから・・・。
そこで、ちょっと変わった野田市まめバスの利用方法・ルートのご紹介をしてみようかと。


これまで、拙ブログでは、何回か野田市まめバスに関連して、普段は絶対に往来しないであろうまめバスと市外のバスなどを使った往来可能なルートの話を紹介してきました(地域間交流と野田線抑止の状況に備えるため→今年4月27日朝に発生した柏駅構内の停電により、私も途中駅で足止めを食らった次第)が、改めて概略ながら、再度紹介してみようかと思っています。
なお、この情報は2019(平成31)年4月1日時点のものです。

■ 野田市まめバス系統1関宿城√⇔五霞町ごかりん号

関宿城博物館バス停
~徒歩25分~
山王生活改善センター(行先:南栗橋駅・ベイシア方面)

詳細は五霞町公式サイトでご確認ください。


■ 野田市まめバス系統1関宿城√⇔朝日自動車東武動物公園駅~境車庫線

関宿台町バス停
~徒歩3分~
朝日自動車バス停(行先:東武動物公園駅・境町(古河駅)・境車庫方面)

朝日自動車の路線バスは30分に1本程度の運行間隔。
まめバスは、本数は少ないですが、東高野(はやま工業団地)~関宿台町間の移動の足が確保されたことは大きいです。時間帯によっては、徒歩が必要(タクシーも移動手段としても有)になりますが、境古河バスターミナル経由で成田空港まで移動可能です。


■ 野田市まめバス系統1関宿城√・系統2北√関宿七光台・系統3北√関宿イオンタウン経由⇔関宿中央ターミナル発着の路線バス

まめバス関宿中央ターミナルバス停
~徒歩1分~
朝日バス 関宿中央ターミナルバス停
(春日部駅・東武動物公園駅方面)


■ 野田市まめバス系統1関宿城√・系統2北√関宿七光台・系統3北√関宿イオンタウン経由⇔春日部市春バス

まめバス 関宿中央ターミナル
~徒歩15分(宝珠花橋を渡る)~
春日部市大凧公園バス停
(イオンモール春日部・南桜井駅北口方面/月・水・金のみ運行)

詳細については春日部市公式サイトをご覧ください。


■ 野田市まめバス系統4新北√⇔春日部市(庄和地区)
まめバスの改編で同√が土日祝も運行することになりましたが、三本木バス停で下車し、金野井大橋経由にすれば、龍Q館に比較的移動しやすくなりはしました(あくまでも比較的、ですが)。
また、江戸川土手の岡田河岸や関宿滑空場バス停などで下車すれば、毎年ゴールデンウィークに揚げられる春日部市の大凧を目の前で見ることが出来ます。


■ 野田市まめバス系統10南√大殿井→野田市駅

東武バス柏13系統
~徒歩1分(電建第一住宅・みどり橋・木野崎入口各バス停)~
まめバス 電建第一住宅・みどり橋・木野崎入口各バス停

平日のみ。
柏たなか駅19:29に出発する東武バス柏13系統の路線バスですが、電建第一住宅~木野崎入口間において、後続を走るまめバスの最終便(野田市駅行きに接続乗車が可能になっています)。


■ 野田市まめバス系統11南√循環・系統12新南√⇔流山市ぐりーんバス江戸川台東ルート

まめバス 大六天前
~徒歩16分~
TBSやよい団地前経由で江戸川台駅東口へ

流山ぐりーんバスは30分間隔の運行。
詳細は流山市公式サイトをご覧ください。


■ 野田市まめバス系統8南√中根⇔野田線運河駅
まめバス 西亀山バス停
~徒歩10分~
野田線運河駅

これまで、運河駅に最も近いバス停は、旧南√の島会館入口、或いは緑ヶ丘公園バス停でしたが、歩道がなく危険でしたが、西亀山まで乗車(降車)すれば、駅までの所要時間は従来とさほど変わらないですが、安全に移動できます。
併せて付近の関係団体の関係者にも利用していただきたいところです。


■ 運河駅⇒野田市まめバス系統11南√循環
平日のみ。運河駅に最も近いバス停は、南√の島会館入口、若しくは緑ヶ丘公園バス停ですが、流山街道を沿うようにやや遅い時間に梅郷駅まで運行されています。


■ 野田市まめバス系統8南√中根・系統9南√愛宕駅・系統11南√循環⇔野田線江戸川台駅

まめバス みずき4丁目公園
~徒歩12分~
京成バスDLP流山東エントランス 流75系統 江戸川台駅西口

京成バスは終日同時刻、4本のみの運行ですが、タイミングが合えば、みずき~DLP~江戸川台駅間をバスのみで移動することが可能です。


■ 野田市まめバス系統12新南√⇔吉川市・三郷市(JR武蔵野線吉川駅・吉川南美駅・新三郷駅)
まめバス 今上下組自治会館前
~徒歩15分(→タローズバス玉葉橋下バス停)
~徒歩25分(→グローバル交通東中学校前バス停)
~徒歩30分(→グローバル交通メディカルマイバス停 ※吉川美南駅行き系統)

土曜のみ。大利根温泉発の第1便を利用すると、絶妙なタイミングでタローズのバス(10:04発)に乗車可能です。

土日祝のみ。
吉川駅北口16:50に出発するタローズバス(ピンク色・旭公園球場南行き)に乗車し、玉葉橋下バス停で下車(通過時間は17:02)、歩いて玉葉橋を渡り、野田市まめバス系統12新南√今上下組自治会館前まで移動し、同バス停17:23発梅郷駅・老人福祉センター方向に乗車。梅郷駅にて茨急の路線バス、及びまめバス系統8南√中根、(同バス停17:34発 市役所方面)或いは系統11南√循環(同バス停発18:01発 市役所老人福祉センター方面)が利用可能です。

詳細については、タローズバス、グローバル交通の公式サイトをご覧ください。


おまけ
■ 野田市まめバスと集客施設 
以前開催されたまめバス会議(野田市コミュニティバス検討専門会議)の席上、江崎グリコのグループ企業であるグリコ千葉アイスクリームからの意見として、この度、事業所敷地内に工場見学できる施設が誕生するので、施設付近にまめバスを通して欲しいという意見がありましたが、結果として付近を通るルートが採用されることはなく、今に至ります。
公式サイト内でも、東武野田線「愛宕駅」東口からタクシーで約10分。
タクシー台数が少ないので、ご注意ください。
路線バスはございません。
(強調部分は作者によるもの)
という記述がなされています。

しかし、タクシーでしか往来が出来ないということではありません。
路線バスであれば、茨急の路線バスで文化会館入口から歩いて25分という案内でしょうが、野田市まめバスを利用すれば、移動費用もそれほどかからずに移動が可能になっています。

野田市まめバス系統4新北√吉春上(よしはるかみ)バス停
~徒歩10分~
グリコピア千葉工場(見学)敷地内

時刻表は野田市公式サイト内でご確認ください。

バス停を下車し、少し南下して、東側(進行方向左側)に向かって道なりに歩くと国道16号線の交差点(右前方は千葉カントリークラブ)があり、そのまま直進すると、倉庫の先、左手に工場敷地及び見学の案内看板が出ています。
なお、国道16号までの生活道路は一部道がくねくねして狭く、クルマには十分注意していただく必要があります。


今年4月1日に改編されたまめバス。
まだまだ改善の余地は十分ありますが、まずは皆様の積極的なご利用を一住民としてお願い申し上げたいと思います。

何よりも100回の陳情よりも、1回の乗車実績に勝るものはありませんから。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック