第1510歩&0403 サイレントツーリズムin近畿・中京(下)

滋賀で目覚めた朝は・・・(前記事の続きです)。

この日はひたすら街歩きすること(というか、観光客が大勢
行かなさそうな場所)だけを念頭に各地へ寄ってみました。

1.彦根にて夢京橋キャッスルロードと四番町スクエア
2004年だったか、翌年だったか。
日経MJ年明け号で紹介されたのが、彦根の四番町スクエア。
再開発による市街地再生事業。
それから数日後、私は小雪が舞う彦根の地に降り立っていま
した。

あれから幾星霜。
その後、四番町スクエアはどうなったのか、投宿先から至近距
離にあったので、早朝歩いてみました。

画像
四番町スクエア
画像
夢京橋キャッスルロード

特にこれといった変化はなかったのですが、テナント募集の
貼り紙は見ました。

電柱がないため、空が広く感じられました(その分、再開発に
かかった費用もそれなりにしたようですが)。

画像
彦根城と桜(この時はまだ1分咲きといったところでした)


2.醒ヶ井と関ケ原
醒ヶ井にヴォーリズ建築があるというので、寄ってみました。
画像
旧醒ヶ井郵便局(現醒ヶ井宿資料館)

画像
湧き水が小川になって天野川に注ぎ込む
高島市針江地区の川端(かばた)文化と同様、以前は水の生活
をされていたのだろうと思われます。

画像
地元お菓子屋に置いてあった菓子用の型枠
昔は、お祝い事などがあると、この木枠でお菓子作りが行われ
たのだろうと推測。今は使われることが殆どないとは店のオバ
ちゃんの言葉。

続いて関ケ原へ。
戦国時代を締めくくる一大決戦。
やはりといいますか、“歴女”が数多くいました。

画像
観光協会の施設に荷物を預けて
荷物を置いて、さぁ、決戦だ!

画像
世界三大決戦地
時は1600(慶長5)年9月、一大決戦が行われた決戦地なが
ら、わずか半日で決着がついた関ケ原。

この日は寒気の影響で冷たい雨が時折降っていました。
平地の場所かと思っていたのですが、丘陵地域で、かつ甲冑
もかなり重かったことから、大変な戦だったんだなと思いまし
た。

画像

画像
この町まるごと古戦場(電柱広告)

名古屋を通過し、金山で名鉄に乗り換え。


3.有松(歴史と有松絞の里)
画像
花も団子も…
画像
有松のまちなみ(1)
画像
有松のまちなみ(2)
画像
有松のまちなみ(3)

有松で食事を済ませた後、車中の人に。
知立で名鉄の支線に乗り換え。
刈谷で駅前の様子を見た後で、東海道本線に乗り換え。


4.ワープ
この年になると、もはや精神と時の修行(豊橋~熱海間の
各駅停車に乗車し続けること)が嫌になってしまい、ついに禁断
のワープを敢行。
画像
新幹線の車窓から(富士山)

静岡→小田原(こだま664号)
+小田原→北千住(メトロはこね22号)

小田原でJR在来線に乗り換えようと思っていたところ、タイミン
グよく、北千住行きのメトロはこねに接続できることがわかった
ので、誘惑に負けてここでもさらにワープを敢行。

新幹線の方がもちろん到着は早いのでしょうが、夕方の新幹線
こだまの自由席が激込みだったので、小田原で下車。

これが結果的に良かったのですが、東京北東部エリア直通の
特急ということもあり、小田急線最後の停車駅である成城学園
駅を過ぎるとガラガラになってしまいました。

北千住に到着。
北千住からは常磐線で柏まで移動し、野田線に乗って帰ってき
たのでした。

人と再会し、人・モノ・歴史について学ぶことの多かったサイレン
トツーリズムでした。



"第1510歩&0403 サイレントツーリズムin近畿・中京(下)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。